挨  拶


                                   テクニカルセンター長
                                   村上 義弘

 金属材料研究所テクニカルセンターは、平成19年に、これまでの一般的なピラミッド型組織である技術部を専門技術分野毎に括り直して、グループ単位で仕事をすすめやすくするため再編した組織です。現在、正職員が45名、再雇用職員が3名、技術補佐員1名の、合わせて49名が在籍しています。
 テクニカルセンターは、企画調整室、マテリアル開発技術室、特殊環境技術室、基盤技術室の4室で構成されています。また、マテリアル開発技術室には材料創製技術グループと評価・分析技術グループ、特殊環境技術室には極限環境技術グループと放射線管理技術グループ、基盤技術室には機器開発技術グループとコンピュータ・ネットワーク技術グループがあります。
 テクニカルセンターに所属する技術職員は、学内施設である極低温科学センターや先端電子顕微鏡センター、所内の新素材共同研究開発センター、強磁場超伝導材料研究センター、量子エネルギー材料科学国際研究センター、中性子物質材料研究センター、計算材料学センター、材料分析研究コア、アルファ放射体実験室等、またセンター内の企画調整室、機器開発技術グループ等において日々業務を行っています。材料科学の高度化、学際化の中で、的確な支援を継続していくため、テクニカルセンターでは、各種資格取得や技術研修受講に取り組みつつ、研究開発機器および分析装置等の習熟に努めております。実験機器製作においては最新鋭の数値制御式工作機械の導入等を図り、設計から加工まで対応しています。また技術開発も積極的に行っており、その成果を技術研究会等で数多く発表しています。
 今後も、より良い技術サービスを提供できるよう、テクニカルセンター職員は技術業務に専念して参る所存ですので、なお一層のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

  

All Rights Reserved, Copyrights(c) 2008, Technical Service Center.